引っ越しの際に不用品はリサイクルショップで売った

大学の近くにアパートを借りていましたが、就職が決まった時に会社の近くに引っ越しをすることになりました。4年間アパート暮らしをしてましたので、それまでに色々要らない物も溜まっていきました。中々物を捨てられない性格でしたので、アパートの中は不用品が結構ありました。全てを引っ越し先に持っていくとそれなり荷物も増えてしまって引っ越し費用もかかってしまうため、断捨離することに決めました。数ヶ月使わない物は今度も使うことがないと判断して、それらをリサイクルショップで不用品として売ってしまうと思いました。幸いにもアパート近くにリサイクルショップがあったので、大きな鞄に入る不用品をまずは集めてリサイクルショップまで持って行きました。二束三文の査定価格しか付きませんでしたが、それらをゴミとして捨てる際には費用もかかります。それなら二束三文でも処分費がかからないなら長い目でみたら得かなと思いました。そして、リサイクルショップのスタッフに重たくて持ち運びが無理な物も売りたいと相談したら、無料で引き取りに来てくれることになりました。査定価格はあまり期待はしてませんでしたが、処分費がかかるのが嫌だったのでリサイクルショップで引取ってもらえるなら有り難いと思いました。後日リサイクルショップのスタッフがアパートまで来てくれて、買取査定をしてくれましたがほとんど査定価格は付きませんでした。それは前もって理解してたので、ショックではありませんでした。リサイクルショップで不用品をだいぶ売ったので、結果的に引っ越し費用を節約することができました。