自宅の散らかった部屋を片付けた思い出

自宅の部屋はゴミをそのまま放置すると散らかってしまい、大掃除をするたびに時間や手間がかかって苦労しました。汚部屋は独特なにおいがするためやる気が起きなくなるものですが、片付ける時は窓を開けて風通しを良くして作業をしました。部屋の汚れは不要なものを外に出して床や壁などにへばりついているものを除去しないとにおいが残り、マスクを付けて洗剤を使って除去しました。業者に依頼した場合は自分で洗剤などを購入するよりも費用が高くなり、事前にネットで調べて最適なやり方を考えました。汚部屋は湿気が発生するとカビが増えて皮膚病にかかりやすく、周囲に迷惑をかけてしまうため散らからないようにしないといけないと痛感したものです。散らかった部屋はやる気を削がれるため、ならないように意識することが重要だと思いました。結局は自宅の散らかった部屋を片付けてみるとかなり体験で精神的にもつらく、おろそかにしてはいけないと後悔したものです。