引越時に、不用品を回収してもらったこと

会社の人事異動があり、それまで住んでいたワンルームマンションを引き払うことになりました。引越先は会社が用意したワンルームのアパートで、家具家電も備え付けになっていたので、引越の際に家具家電で不要な物は全て売却してもらうことしました。ネットで調べたリサイクルショップを兼ねた不用品回収業者に連絡をして、見積を取ってもらったのですが、「家電類は売り物にならない物が多いので、買取金額よりも処分にかかる金額の方が高くなる為、最終的に15000円かかる」とのことでした。比較的使用状況は良い方だと思っていたので、処分金額の方が高いと言われて、やや不満もあったのですが、あまり日数的に余裕もなかったので、業者の言う条件で不用品を回収してもらいました。家電類は全て処分対象と聞いており、引き取り前日に家電類のリモコンは邪魔だったので、自分でマンションのごみ集積場に捨てておきました。回収作業が終わってからしばらくすると、業者から家電のリモコンを知らないかと電話がありました。家電は処分すると聞いていたので、リモコンは別途マンションのごみ集積場に捨てたことを伝えると、「わかりました。」とのこと。翌日にごみ集積場を通ると、私が捨てたはずのゴミ袋がなくなっており、どうやらリモコンと一緒に回収された模様でした。後日諸手続きの為、引き払ったマンション近くに寄ることがあり、そのリサイクルショップの前を通ったところ、私が回収してもらった家電類がしっかりと売られていました。憤りを感じましたが、だまされた自分が悪い諦め、そのまま通り過ぎました。